伊野尾慧のしぐさがかわいすぎる!指輪とピアノを弾いている画像も

この記事は約3分で読めます。

Sponsored Link

Hey!Say!JUMPの中でも、ここにきて人気急上昇の伊野尾慧くん。

2015年8月に24時間テレビに出たときも、「こんなかわいい子いたんだ!」とそのかわいさが話題になっていました。

というわけで、今回の記事では伊野尾慧くんのかわいすぎるしぐさの画像をまとめてみました。また、手指がきれいだというのでも話題なので、ちょっと趣向を変えて指輪をしている画像も。

さらに、伊野尾慧くんは手指がきれいな上にピアノも上手という最強コンボの持ち主なので、ピアノやキーボードを演奏しているときの画像も紹介しますね。

伊野尾慧のかわいすぎるしぐさのまとめ

伊野尾慧11

伊野尾慧くんは、「テキトー王子」などと言われるほど適当な発言や行動が目立つ面白い人なのですが、でもやっぱりしっかりアイドルをしてるんですよね。

雑誌「Myojo」のインタビューでも、「アイドルであるからにはグチなどは話したくない。皆が楽しくなることを話したい」というようなことを言ってらっしゃって、まさにプロのアイドルというかんじでした。

7月29日に放送された「FNSうたの夏まつり」で「Chau#」を歌ったときは、Hey!Say!JUMPのファンだけでなく一般の視聴者からも、「あのかわいい子誰!?女の子!?」というような反響がたくさんありました。実際、そのときの動画を見ると、キラッキラの超アイドルですごいです。ボブの髪型がまた似合っていました。

その(隠れた?)アイドル魂は伊野尾慧くんのかわいすぎるしぐさにも現れています。ちょっと粗めの画像もありますが、どれもめっちゃかわいいです!

胸をちらっと

髪を耳にかける

こけしラブ

指が美しい

ラーメンちゅるり

どれもとってもかわいいですね!ついつい、「かっこいい」より「かわいい」が先に来てしまいますが、それもその美形ゆえですよね。

ちなみに、そんなかわいい伊野尾慧くんなので、女装もかなり似合います。山田涼介くんや知念侑李くんなどの他のHey!Say!JUMPのメンバーと一緒に、女装画像をこちらの記事にまとめましたのでぜひご覧ください!

また、伊野尾慧くんはアクセサリはネックレスぐらいであまりつけていないことが多いですが、指輪をしている画像を見つけたので紹介します。

伊野尾慧10

出典:ameblo.jp

なんだかレアなのでドキドキしちゃいますね!

ちなみに、この写真の伊野尾慧くんは左手の人差し指に指輪をしていますが、それには次のような意味があるそうです。

左手(の人差し指)はやる気を起こさせ、どうしても一歩踏み出したいとき、その後押しをしてくれますよ。願望を明確にして達成しやすくします。

出典:excite.co.jp/News/laurier/fortune/E1398676195806.html

実は明治大学理工学部の建築学科を4年でストレートに卒業している伊野尾慧くんだけあって、その「テキトー」な裏で高い目標意識を持って頑張っているのかなぁと想像してしまいます。

伊野尾慧くんが大学のときの研究や建築士の資格の有無などについては、こちらの記事にまとめましたのでぜひご覧ください!

伊野尾慧くんがピアノを演奏している画像と動画

Sponsored Link

 

更に、伊野尾慧くんはピアノが上手いのでも有名ですよね。

JUMPバンドでも、キーボードをされています。演奏しているときは指しか画面に映されないことが多いという、いいのか悪いのかよくわからないこともあるそうですが、指も本当にきれいな伊野尾慧くんなので、それでもいいような気もしてきます。

めずらしくフォーマルな装い!

こちらもネクタイ

うつむいた加減がセクシー

白い衣装がきれい

腕まくりって男っぽいよね

やっぱり、楽器を演奏していると、いつもは「かわいい」が全面に出てる(個人的にそう見えるだけかも?)伊野尾慧くんですが、すごく男らしくかっこよくなりますね!

ピアノやキーボードって、なんとなく知的で上品な雰囲気の楽器ですし、それを演奏している伊野尾慧くんはますます大人っぽくみえて素敵です。

そんな伊野尾慧くんはやっぱり賢くて、偏差値高めの東洋高校に通ってらっしゃいました。そのときに友だちがいなかったエピソードなどをこちらの記事にまとめましたので、ぜひご覧ください!

ではでは、以上で伊野尾慧くんのかわいすぎるしぐさとピアノ演奏の画像まとめでした♪今回も最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございました!

 

Sponsored Link

ではでは、今回もお付き合いいただき、ありがとうございました♪

今日も皆さまに何かいいことがありますように (^^)


コメントを残す

このページの先頭へ