朝がきた榮三郎役の桐山照史はジャニーズ?演技の経歴やプロフィールは?

この記事は約8分で読めます。

Sponsored Link

こんにちは!

今日のあさイチ!でジャニーズWESTの桐山照史くんが出演されましたね (^^)

個人的には、桐山くんの漫才力というかトークが大好きで、バラエティなどに出演しているといつもニヤニヤ和ませてもらっています。

しかし!桐山くんのすごみはその芸人もかくやというトーク力だけではなく、実は演技力にもあったんですよね!

今、NHKテレビ小説の「あさが来た」に榮三郎役で出演中の桐山くん。「え、ジャニーズだったの!?」という声も多いです。

というわけで今回の記事では、ジャニーズWESTの桐山照史くんのこれまでの演技の経歴とプロフィールについてまとめてみます♪

 

桐山照史のプロフィールは?

桐山照史

出典:xn--n8j1mg1e3fng387vwmvas2ko71a0on.com

  • 名前:桐山照史(きりやま あきと)
  • 誕生日:1989年8月31日(26歳、2016年1月時点))
  • 星座:乙女座
  • 血液型:A型
  • 身長と体重:174cm、71kg
  • 出身地:大阪府東大阪市
  • 高校:興国高校(大阪市天王寺区の私立高校、ジャニーズWESTの藤井流星くんと一緒)
  • 入所のキッカケ:小1からやっていたダンスを活かしたくて応募した。
  • 趣味・特技:趣味はダイエット&特技はリバウンド、バーベキュー、釣り、キャンプ、特技は(自称)早口言葉、腕相撲

先にも書いたとおり、桐山照史くんは明るく人懐っこいキャラクターで、正統派王子様ジャニーズというよりは、リアルにつきあいたくなるような生身の魅力にあふれた方です。

明るくおちゃらけつつも、正念場ではしっかり「オレについてこい!」というリーダーシップも発揮できるとてもバランスのとれた人だなという印象。

バラエティ番組などでも、各出演者に配慮しつつ場をまとめていくのが非常にうまいので、とても頭が切れる人なのだなと思わせられます。なんとなく、スマップの中居くんを彷彿とさせますね(笑

アイドルとしても、トーク力、アクロバットやダンスなどの身体能力、ルックス、演技力と非常にアベレージが高く万能型のアイドルだと言えるでしょう。

特に、私としてはそのトークがかなり好きです(笑

桐山くんは「ぽちゃドル」(要はちょっと太り気味ということ…)とも言われるのですが、それはよく桐山くんが自己紹介で言っている「趣味はダイエット、特技はリバウンド」の言葉でも分かる通り、色んな意味でのおおらかさを示している気がします (^^)

 

それでありながら、自分のことばかりでなく自分の属する集団に貢献するということをとても大切にしているのが桐山くん。例えば、

思い返せば、桐山のこれまでの活躍も、桐山自身が自分を売り込むというよりも、自分を通じてジャニーズWESTや関西ジャニーズJr.に注目を集めたい、という、周りに対する愛情が基本軸にあるように感じる。

出典:リアルサウンド

というようにも語られています。

「リーダー」とはいえ、「自分が目立ちたい!」というジャイアン的なリーダーなのではなく、全体を盛り立てていくことに情熱を注ぐタイプなのですね。

確かに、ジャニーズWESTでも、時に子どもっぽいいたずらに走りがちな重岡大毅くんをセンターとしてしっかり立てています (^^)

 

…というと、何の苦労もないオールマイティー型に見えますが、それだけではないところが桐山くんの深みのあるところなんですね。

まずは、経歴的にもかなり苦労をしてらっしゃるんです。

桐山くんがジャニーズ事務所に入所したのが2002年の中学1年生のとき。

そして関西ジャニーズJr.での12年の長い下積み時代を経て、ジャニーズWESTとしてデビューしたのが2014年の24歳のとき。つい今から2年ほど前のことですね。

桐山くんは気配り上手でも有名ですが、その下積み時代があったからこそ、先輩後輩はじめ関係各所への配慮がばっちりできるようになったのかもしれませんね (^^)

 

また、デビュー前、関西ジャニーズJr.のリーダー的存在であった時代には、プレッシャーで難聴になったこともあるとか。

そのときには、

「今は治ってるんで、全然大丈夫なんですけど。耳元でヘリコプターが飛んでるような音が聞こえたり、体中の血が流れてる音が聞こえたりしたんです。その音をかき消したくて、ひとりのときは、“ああすればよかった”とか、“あれは絶対失敗しちゃいけない”とか、頭の中で延々考えるんですね。無音がうるさすぎるんですよ、僕にとっては。だから、人としゃべってたほうが休まるんで、あんまりひとりは好きじゃないんです」

出典:jmania.jp/201408/13330.html

…というようなかんじだったそうです。

あのようにいつも明るく楽しい人のように見えて、実は内面的には「こうあるべき」というのを非常に強く持った方なのかもしれませんね。

芸人さんの中にも、ものすごく面白い芸を披露されるのに、実はとっても根暗だったりする人は多いという噂なので(コロッケさんとか)、桐山くんも実はそのような創造的な闇を身の内に抱えているのかもな…と妄想したりもします。

そのような繊細な感性があるからこそ、高い演技力やツボをついたトーク力にもつながっているのだろうなと思います (^^)

「単なる明るくって元気なやつ」というだけではないところが、逆に魅力ですね!

 

ちなみに、桐山照史くんも含め、他のジャニーズWESTの皆さんの詳しいプロフィールについてはこちらの記事にまとめましたので、ぜひご覧ください♪

 

桐山照史の演技の経歴は?

Sponsored Link

 

桐山照史くんは、自身がドラマなどで演じるときの心構えとして、「パンのように時にはサンドイッチ、時にはフレンチトーストのように」という風に言っています。

役に応じて変幻自在に変わっていくカメレオン俳優を目指していらっしゃるのですね!

バラエティ番組での場の把握力とコントロール力からもわかるとおり、場と人間に対する洞察力に優れた方なので、俳優としても、役柄への直観力と人間観察力がそりゃ高いはずだと思います。

実際、桐山くんはデビュー前からもドラマや舞台への出演が多く、俳優業のキャリアは長いです。

例えば、これまでのドラマへの出演作はこちら。

  • ごくせん 第3シリーズ(2008年4月19日 – 6月28日、日本テレビ)倉木悟 役
  • DRAMATIC-J B.A.D.なふたり(2008年9月15日・22日、関西テレビ)桐山タカ 役
  • ごくせん 第3シリーズ 卒業スペシャル(2009年3月28日、日本テレビ)倉木悟 役
  • DRAMADA-J 未来はボクらの手の中に(2009年、関西テレビ)深見恭平 役
  • 誰も知らないJ学園『学校の階段』(2010年4月28日、関西テレビ)武田幸助 役
  • 流れ星(2010年、フジテレビ)沢村涼太 役
  • 新春歴史スペシャル・知られざる幕末の志士 山田顕義物語(2012年1月2日、毎日放送)高杉晋作 役
  • ダーティ・ママ! 第6話(2012年2月15日、日本テレビ)畠山穰 役
  • 鍵のかかった部屋 Episode6(2012年5月21日、フジテレビ)井岡祐樹 役
  • ピロートーク〜ベッドの思惑〜 第6話(2012年11月8日、関西テレビ)南川康平 役
  • シニカレ(2012年12月25日~12月29日、NOTTVフジテレビ系列) 如月弘樹役
  • 真夜中のパン屋さん(2013年4月28日 – 6月16日、NHK BSプレミアム)柳弘基 役
  • 阪神・淡路大震災20年 ドラマ「二十歳と一匹」(2015年1月17日、NHK)谷本空雄 役
  • 連続テレビ小説「あさが来た」 第9週〔52回〕 – (2015年11月26日 – 予定、NHK)白岡榮三郎 役

出典:Wikipedia

また、2012年の滝沢歌舞伎出演も含め、舞台の出演経験も豊富です。

(ちなみに、2016年の滝沢歌舞伎の倍率についてはこちらの記事で考察してみましたので、ぜひご覧ください!)

ドラマの「流れ星」の沢村涼太役は、一部では「浮かれた落語好きの騒がしいチャラ男でうっとうしい」などという意見もあったようですが(笑)、それは役柄なので仕方ないとして、やはりドラマ全体を明るく照らしつつも涙を誘う演技をうまくやっていましたよね。

「知られざる幕末の志士」では、高杉晋作役を立派に演じていましたし、時代劇もいけるんだなと。

今回の「あさが来た」でも、本当に自然に違和感なく白岡榮三郎を演じていて、「さすがや…」というかんじです。

2月12日の「あさイチ!」を見た一般視聴者の方からも、以下の様なTweetがあったりします!

このような「え、ジャニーズだったの!?」的な反応って、「半沢直樹」にHey!Say!JUMPの中島裕翔くんが出演したときにもあって、ジャニーズ好きとしては結構嬉しいですね (^^)

中島裕翔くんの熱愛については、他のHey!Say!JUMPのメンバーの熱愛&好きなタイプと一緒にこちらの記事にまとめてみましたので、ぜひご覧ください♪

 

というわけで、今回はジャニーズWESTの桐山照史くんのプロフィールと演技の経歴についてでした!

2016年も活躍が本当に楽しみです (^^)

Sponsored Link

ではでは、今回もお付き合いいただき、ありがとうございました♪

今日も皆さまに何かいいことがありますように (^^)


コメントを残す

このページの先頭へ