京都で子連れに超オススメのお花見スポット5選!車で楽なのは?

この記事は約10分で読めます。

Sponsored Link

今は3月中旬ですが、このところ本当に三寒四温ですね。毎日暖かかったり寒かったり。冬から春への季節の移り変わりを感じます。

桜の木も春を待っているようですね!

今日は子連れにおすすめで、特に車で楽な、京都のお花見スポット5選をまとめてみました。

私も子持ちの京都在住なので、自分の経験をもとにいろいろと余計なことまで書かせてもらいました(笑

桜が咲くのが待ち遠しいですね!

ちなみに、車以外の公共交通機関を使われる方は、こちらの記事に京都での交通機関の季節ごとの選び方についてまとめてみましたので、ぜひご参照ください。

 

淀川河川公園背割堤地区の桜

場所とオススメスポット

まずは、淀川河川公園背割堤地区から!

なんだか舌を噛みそうな地名ですが、京都府八幡市にあって、地図はこちら。

大阪の方から来る方にとっては、京都市内まで行くよりもちょっと近いし、京都の市街地に入らなくて済むので楽ですよね。(自転車ライダーが行き交う京都市内の狭い道で車を運転するのは、なかなかスリリングなんです…)

 

で、この背割堤(せわりてい)の桜は、木津川と宇治川を分ける堤に、1.4キロメートルに植栽された桜です。

ソメイヨシノの数249本。一度はくぐり抜けたい桜のトンネルです。

 

なお、この背割堤に行かれる場合は、石清水八幡宮へ足を伸ばすのもオススメ!地図はこちら。

車なら5分強で行けてしまう近さですね!

石清水八幡宮では、3月20日~4月20日に男山桜祭りが開催されているので楽しいですよ。

石清水八幡宮

出典:otera.co.jp

山上エジソン記念碑前のしだれ桜のほか、展望台の桜もおすすめです。

また、4月3日には、山上の本殿前で舞楽奉納がありますので、日程が合えばぜひ!1000円で、一般参列もできます。

 

駐車場情報

Sponsored Link

 

4月1日~4月10日(予定)に開催される八幡桜まつりの期間中は、宇治川御幸橋の下流、北側の河川敷公園(かわきた自然運動公園)に臨時駐車場が設けられます。

普通車で1,000円です。

駐車場から背割堤への地図はこちら。

この背割堤は広々としていて気持ちがいいので、「どこか広いところに行きたい!!」という方には特にオススメですね!

石清水八幡宮も近いので、ついでにお参りもできてお得です(笑

 

上賀茂神社

場所とオススメスポット

上賀茂神社

出典:pds.exblog.jp

次は京都では下鴨神社と並んで古い上賀茂神社!

以前に私も上賀茂神社の近くの貸家に住んでいたことがあったので、よく赤ん坊だった子どもを連れて遊びに行っていました。

上賀茂神社って、ゆっくりピクニックができる芝生や、水遊びにちょうどいい小川もあるので、子連れにはかなり嬉しい場所です。

ちなみに、ピクニックをする際は、こちらの「今井食堂」という有名な鯖煮の定食屋さんのお弁当をテイクアウトして、上賀茂神社の小川の近くの桜の木の下で食べる、というのが私の家族のお気に入りです (^^)

静かな神社の境内で、小川のせせらぎを聞きながら、木漏れ日の中でくつろぐ時間は天国ですね~。

ともあれ、上賀茂神社の場所はこちらです。

例年の見頃は、4月上旬から中旬で、見所は「斎王桜」と「御所桜」。二つのしだれ桜です。

(…関係ないですが、前に赤ちゃんだった息子が、この桜の周りの柵を越えて中にハイハイしていってしまって、神社の人に注意されたことがあります(汗)

一の鳥居から入って、手前が斎王桜、奥に御所桜があります。

御所桜が4月上旬、次いで、斎王桜が一週間ほど遅れて中旬に咲きます。

そのほか、「みあれ桜」「風流桜」「賀茂桜」など、名前のついた桜がありますので、それらの桜を探しながら境内を散策してみるのも楽しいかと。

 

あるいは、近くには賀茂川の河原があるので、お弁当を広げながら川辺の桜を楽しむのも良いですね!

上賀茂神社から川の方にいくと、ガソリンスタンドの先に「御薗橋」という橋があるのですが、そこから賀茂川沿いに降りて東側堤防をに歩くと桜のトンネルがあります。知る人ぞ知る場所なので比較的混雑していないですし、散歩しながら眺める桜もとても気持ちが良いです。

逆にに歩いていけば、川岸がとっても広くなっているので、お弁当も広げやすいですし、トイレや公園もあるのでかなりくつろげますよ。

 

もしもちょっと情緒のある古い町並みを歩きたい、というときは、上賀茂神社からすこし東に足を伸ばして、太田神社、社家町(神主さんなど神職の住宅が集まる町)方面を歩いてみるのがおすすめですね。

歩いて行くのには少し遠いのですが、上賀茂の東のほうだと、この「Radio Bagel」というベーグル屋さんもオススメです。

いろんな種類のベーグルの中から好きなのを選んで、それでサンドイッチを作ってもらえるのですが、めっちゃおいしいですよ~ (^^)

 

駐車場情報

上賀茂神社の隣に参拝者駐車場があって、170台停められます。
詳細は以下の通りです。
  • 入場:6時〜22時
  • 出場:随時
  • 料金:(境内維持管理協力金として)30分100円
    ※正月や繁忙期、手作り市開催第四日曜日などは、1台500円(一回)。

 

京都府立植物園

場所とオススメスポット

京都府立植物園の桜も、かなりオススメです!場所はこちら。

入園料はかかりますが、大人でも200円なので安いものです。

ここはお酒と煙草が禁止なので、バカ騒ぎはできないものの、そのぶん嫌煙家や妊婦さんや子連れの方は安心してゆっくり桜を楽しめます。

他にもいろいろな花が咲いていてきれいですしね!

しかも、南側の入口の近くにはかなり楽しい公園設備と絵本の屋外図書館(キノコ型!)があるので、昼間に子連れで来れば本当に一日中楽しく過ごせます。

大きな木の林立する公園のベンチでくつろげば、気分はちょっと新石器時代です(笑

 

また、ランチも、北山通りや北大路通りに出ればすぐに食べられるので便利ですね。

個人的には、北山通の「ブリアン」というパン屋さんに併設しているレストランのパン食べ放題ランチがオススメです!ドライフルーツの入ったドイツパン(?)が美味しいんですよ。

 

で、この植物園では、3月中旬から4月下旬までの一ヶ月以上にわたりサクラを見ることができます。

約130品種・450本の桜が観賞できて、桜林は「ソメイヨシノ」と「八重紅枝垂桜」を中心とした林でライトアップも実施されます。

 

ライトアップについては、詳しくはこんなかんじです。

  • 2016年3月25日から4月10日まで。
  • 日没から夜9時まで(入園は夜8時まで)。

私も、上賀茂神社の近くに住んでいたときは、植物園も近かったので、結構何回もライトアップを見に行きました。

京都の桜といえば、平野神社や円山公園も有名ですが、そっちはもう宴会モード全開なのに対して、植物園の桜は純粋に花の美しさを愛でることができるかんじですね。

もちろん、桜の下にレジャーシートを敷いて、ノンアルコールで優雅にお花見を楽しんでらっしゃる人たちもいましたよ (^^)

 

ちなみに、4月の中旬くらいになると、植物園の脇の賀茂川沿いの枝垂れ桜が見頃を迎えて見事です。

こちらもかなりおすすめです!

 

なお、植物園で見頃のサクラについては、こちらを参考にしてくださいね!

 

駐車場情報

植物園の駐車場情報はこちらです。

  • 自家用車150台分
  • 料金:800円(1台1回当たり)

 

平安神宮

場所とオススメスポット

平安神宮も、桜の名所として有名ですね。

近くには動物園や美術館もありますし、これまた子連れで一日中楽しめるエリアです。

大人にとっても、琵琶湖疎水が流れ込む平安神宮、岡崎公園一帯は水と桜の取り合わせに心うばわれる場所です。

平安神宮内の神苑には約150本の紅しだれ桜、ソメイヨシノ、彼岸桜など300本が咲きます。

谷崎潤一郎の『細雪』にもあった、平安神宮の桜のシーンが思い出されますね。(個人的には、市川崑監督によって映画化された「細雪」が好きです。)

また、境内には、左近の桜、右近の橘が植えられています。ひな壇飾りにもありますよね。

 

4月には、「紅しだれコンサート」(4月7日~10日の18:15~21:00)や観桜茶会(4月1日~15日)といった風流で気軽なお花見イベントも開催されるので、もしお子さんがある程度大きければかなりおすすめですね!

 

ちなみに、2016年1月10日には、平安神宮に近接する京都会館がロームシアター京都となってリニューアルオープンしました。

レストランや本屋さん、カフェなどの賑わいスペースもあって、ちょっと一息つくのには最適です。

…が、このあいだその前を通りがかったときには、1階のスターバックス・コーヒーも満員御礼で、ちょっとこれは花見の季節にはすごい混雑になりそうだな…というかんじでした (^^;

ちなみに、平安神宮の神苑の開花状況については、こちらで確認できますよ。

 

駐車場情報

平安神宮に行く際には、岡崎公園の駐車場に車を停めます。

  • 時間:7:30~23:00
  • 台数:普通車506台
  • 料金:普通車で最初の1時間まで500円
    以降30分ごとに200円。一泊(23:00~7:30)700円。

 

円山公園

場所とオススメスポット

京都の桜といえば円山公園!という方も多いのではないでしょうか。

祇園や四条通の繁華街にもほど近く、酒飲みの大騒ぎもあって、いかにもな「ザ・花見」が楽しめる場所ですね(笑

地図はこちら。

で、円山公園といえば、なんといってもしだれ桜が有名ですね。見頃に合わせて、かがり火も焚かれ、賑わいます。

ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ヤエシダレザクラなど約680本が植樹されています。

そして、確かに、お花見の季節の円山公園の人手は、すごいです。

なので、おすすめとしては、平安神宮と円山公園の往復しての散策です。お子さんの年齢によってはちょっと難しいかもしれませんが、京都の観光地を歩けてお花見もできて一石二鳥のルートです!

岡崎公園に車を停めて、神宮道を南に歩きます。

途中、すこし坂を上って、青蓮院、知恩院の前を通って円山公園へ行きます。

距離にして約1.2キロとそれほど遠くないので、大人の足なら15分程度で楽しく散策できます!

…書いていたら、私もお花見が待ち遠しくなってきました(笑

 

駐車場情報

というわけで、車は平安神宮の場合と同じく岡崎公園に駐車するのが良いと思います。

円山公園周辺は、ただでさえ車が混雑するエリアなので、なかなか駐車も難しいです。

 

以上、今回は子連れで車で行くのに便利な京都のお花見スポットのまとめでした!

私は京都生まれではありませんが、学生時代からかれこれ10年以上住んでいるので、ちょっとは詳しくなりました。

もしお花見等に関する市内の事情などについてご質問などあれば、お気軽に下にコメントしてくださいね (^^)

 

ちなみに、京都でお花見の際の服装や気温についてはこちらの記事にまとめましたので、ご参照下さい。

お花見の季節は、まだまだ結構冷えるので要注意です!

Sponsored Link

ではでは、今回もお付き合いいただき、ありがとうございました♪

今日も皆さまに何かいいことがありますように (^^)


コメントを残す

このページの先頭へ