須藤凛々花(りりぽん)が哲学書を出版!?学歴と苦労した経歴も!【DTDX出演】

この記事は約11分で読めます。

Sponsored Link

 NMB48で人気急上昇中の須藤凛々花さん!

7月15日に発売された新曲「ドリアン少年」では単独のセンターに抜擢されただけでなく、幻冬舎から処女作となる哲学書(!)の出版も予定されているそうです。更に、8月8日からは、冠番組『NMB48須藤凛々花の麻雀ガチバトル!りりぽんのトップ目とったんで!』(TBSチャンネル1)の放送もスタートしましたね。そして8月13日のダウンタウンDXにも出演されます!

そんな須藤凛々花さん、哲学書を出版するというくらいなので、可愛い顔をして実は「哲学者」でもあるのです。「将来哲学者になった時に
哲学書をいっぱい売りたいから総選挙一位になりたい」という発言も出てくるほど、ガチで哲学を愛してらっしゃるみたいです。

それでは「須藤凛々花さんはどんなふうに『哲学者』なのか!?」を、いろんなエピソードを交えて紹介します!特にブログが面白いんですよ。

ついでに、苦労人だった経歴とうわさの高学歴についてもまとめておきますね!

「若い頃に哲学やら詩やら文学やらにはまった黒歴史がある…(あるいは現在進行形でハマリ中…)」というような方には垂涎ものの面白さかもしれません!(実は私もそのクチ…)

りりぽんが哲学者!?

Mステに出演したときのタモリとの会話が面白い!

須藤凛々花顔文字

さてさてまずは、先月の7月10日にNMB48がMステに出演した際に(須藤凛々花さんは初出演!)、タモリと楽屋で交わしたという会話がなんだか笑えるのです。

私「あっ、あの!タモリさんは哲学科だったと聞いたのですが」

タ「そうそう、俺哲学科だったのよ」

私「好きな哲学者の方はいらっしゃいますか!?私はニーチェ先輩が好きなのですが」

タ「好きな哲学者ねぇ~ww俺途中で仏教の方いっちゃったんだよ~」

私「東洋哲学ですか・・さすがっす。ありがとうございます。
このドリアン少年の歌詞もとても実存哲学的なのでぜひとも」

タ「実ww存ww哲ww学wwww」

私「本日はありがとうございました!!お疲れ様でした!!」

タ「今時珍しいよねぇ、哲学なんて」

私「あっ、ありがたやです」

出典:NMB48オフィシャルブログ(赤字筆者)

えー、個人的には、「ドリアン少年の歌詞もとても実存哲学的」という部分がツボにはまりまして。

「実存哲学」って、噛み砕いていえばたぶん、「自分の生きたいように自身の直観に従って生きろ!そこにお前が生きる意味が生まれる」というようなところでしょうか。(砕き過ぎかも。)

確かに、「ドリアン少年」の歌詞の中の以下の様な部分は「実存哲学的」と言えるかもしれません。

・・・

気になってしまうのも本能ね
自分の勘を信じよう 正しいと…
みんなが好きじゃなくたって
私にとっては ドリアン少年

・・・

みんなから見向きされなくたって
私だけのプリンス

ブサイクもイケメンも同じこと
そう恋に落ちちゃえばブラインド
誰が何と言ってもゾッコン

・・・

出典:プチリリ

そう、「どんな人を好きになろうが、私の勝手だ!」と言い切るのが実存哲学的、なのですね。

実存哲学とは、「自分の生きる意味を会社や国家に委ねたり、神様に委ねたり、家族や恋人に委ねたりなんかしない。自分が生きる意味は自分で決める!!」という苛烈さを秘めた思想なのです。これは実際やってみると、なかなかキツイですよ。あ、でも、そういうかんじなので、割と中二病さんと相性がいい哲学もであります。

そんな実は過激な(!?)須藤凛々花さんの美脚画像やインスタグラムの画像にご興味がありましたら、こちらの記事にまとめましたのでぜひどうぞ!

ニヒリズムに裏打ちされた生への情熱

「人生に意味は無い」

須藤凛々花さんのブログやインタビューなどでの発言をみていると、本当に「ニヒリズムに裏打ちされた生への情熱」とでも言い様がないものを感じます。

例えば、須藤凛々花さんが幻冬舎社長の見城徹氏に次のように「突撃」したのも有名なエピソードです。(ちなみに、この見城徹氏の強力な後押しで、哲学書の出版企画が進んでいる、という話もありますよね。)

須藤凛々花さんの突撃発言の抜粋はこちら。

私は人生に意味は無いと考えています。決して悲観的に捉えている訳ではなくて、人生に意味は無いんだから好きなように生きようぜ!というような風味です。

出典:ライブドアニュース

「人生に意味は無い」という認識を思考の出発点に置いているのはまさにニヒリズムですよね。まぁ、「人生に意味は無い」っていうセリフは、ニヒリズムなんて言わなくなって、割と青春の定番セリフなんですけど、せっかくなので無駄に真面目に考えてみることにします。

で、須藤凛々花さんはそこから「人生に意味は無いんだから好きなように生きようぜ!」というように反転させています。「好きなように生きようぜ!」というのも、先ほどのタモリとの会話に出てきた実存主義哲学に通じるものがありますね。

ちなみに、須藤凛々花さんが哲学を愛するようになった理由と家族構成についての記事はこちらです!

そんな須藤凛々花さんですが、もともと、ニヒリズムの傾向が強かったようで、ご自身のブログではこのようにも書いています。

でも、元々熱い子だった訳ではありません。

この世の何にも期待していなくて
冷めきっていて、
お金持ちになって家族を楽にすることだけを考えて
要領良く勉強していました。

出典:NMB48オフィシャルブログ

NMB48に入るまでは、アイドルに出会う前は、ニヒリズムの落とし子のような感性で暮らしてらっしゃったみたいですね。それがNMB48に入って活動を始めたことで、ニヒリズムを生への情熱へと反転させたのでしょう。

「人生に意味は無い」…でも!!

りりぽん笑顔

出典:p.twpl.jp

須藤凛々花さん、同じくブログでこのように語っています。

人生に意味はない。

大きな宇宙大先輩から見れば
私たちのちっぽけな人生に意味など欠片もない。

しかしりりぽん後輩の目から見たら。
全てに意味があるし、無駄なことなんてない。

先輩がりりぽんに賭けてくれた票、
絶対に無駄にはしないぜ。

出典:NMB48オフィシャルブログ

えーと、このブログの記述をちょっと考えていくと、かなり深いんですよ!まぁ、考え過ぎだと言われるとそれまでなんですが、、ともあれ次の2つのポイントがあります。

<ポイント1>

まずは、「大きな宇宙大先輩から見れば、私たちのちっぽけな人生に意味など欠片もない。」というニヒリスティックな認識がありますね。でもここでも、しかしりりぽん後輩の目から見たら。全てに意味があるし、無駄なことなんてない。」というように生の肯定へと反転するんですよ。

これは本当に大切なことだと思います。

というのも、哲学って、実は確かに結構面白くって、要は「私って誰?」、「世界はどこから来た?」というようなことを突き詰めていくのが哲学なんです。それをもうちょっと広げると、「もしも私の名前が違う名前だったら、それでも私は同じ私なのか?」、「なんで地球や太陽や月があるんだろう?この果てしなく広い宇宙で、一体何のために私は存在しているんだろう?」とか、考えだすと面白くないですか!?(そんなことない?)

こういうのは、もしかしたら結構誰でも中学生くらいのときに通る疑問かもしれないんですけど、これに下手にはまっちゃうと、確かに自分の人生があまりにも「ちっぽけ」に見えてきて、「一生懸命頑張って社会生活をおくるなんてバカバカしくてやってらんないよ」というような気分になっちゃうんですよね。それこそ、NMB48に入る前の須藤凛々花さんのように。

しかし、そこで人生の輝きを見失わないために大切なのが、例えるなら「一匹のミジンコにも輝きを見出す」ような感性なんですよ。ついつい「宇宙ヤバイ」となっちゃって、「宇宙はあまりに大きくて私はちっぽけで、私の生なんて本当に意味がない」と思ってしまったり、「ミジンコなんてあんなに小さくてすぐ死んじゃって、何の意味もない」と感じてしまったり…しがちですよね。でもそういう「存在の大小」にこだわっているうちはニヒリズムから脱却できないのでしょう。

「すぐ死んじゃうミジンコだろうが、広大無辺の宇宙だろうが、両方とも同じ輝きがある!」と心底から「感じられる」(頭で「考える」んじゃないですよ)ようになって初めて、須藤凛々花さんのように「しかしりりぽん後輩の目から見たら。全てに意味があるし、無駄なことなんてない。」というような生の全肯定へと反転することができるようになるんだと思います。

そしてそう感じられるようになるには、「生きがい」に出会うことが1つの条件なのでしょうね。それがNMB48なのだろうなと。須藤凛々花さんにとっては。

…なんだか、だいぶ大げさになっちゃってすみません。

<ポイント2>

えーと、間があいちゃったので、2つ目のポイントにあたる箇所をもう一度引用しますね。

先輩がりりぽんに賭けてくれた票、
絶対に無駄にはしないぜ。

出典:NMB48オフィシャルブログ

ここで、「先輩がりりぽんに賭けてくれた票」というのは、文字通りの解釈だと、「ファンである『先輩』たちが賭けてくれた票(須藤凛々花さんはファンのことも『先輩』と呼んでらっしゃいますね)」ということになります。

でも、文脈から拡大解釈すると、先輩は「宇宙大先輩」を指しているようにも取れます。だから、「先輩がりりぽんに賭けてくれた票」というのはまさに「宇宙が与えてくれた須藤凛々花さんの生」そのものを意味しているというようにも解釈できます。お、ちょっとスピリチュアルめいてきましたが、しかし哲学を愛する須藤凛々花さんなので、そのように解釈をしてもあながち間違いではないのかなと。

そして、それを「絶対に無駄にはしないぜ」と言ってらっしゃいます。まさに「生」の絶対的な肯定です。

もちろん、アイドルもプロとしてやってらっしゃるわけですから、ブログの文章にもある程度の演出はあると思います。でもそれでも、ニヒリズムに立脚した人生観を持っている彼女ゆえに、その「生の肯定」には凄みがあると思いませんか?

ソクラテスの自殺におもうこと

Sponsored Link

ついでに、ブログネタばっかりですが、こんな興味深いのがありました。ソクラテスという哲学者についての須藤凛々花さんのコメントです。

ソクラテスは、「哲学の父」とも言われ、西洋哲学のまさに源流となった古代ギリシャの超有名な哲学者ですね。

そんなソクラテスですが、戦争中の政治抗争の最中、無実の罪で死刑を宣告されるのです。そこで彼は、「悪法もまた法なり」と言って毒を飲んで死んだ、というエピソードが有名ですよね。で、その件についての須藤凛々花さんのコメントが以下。:

「私はおじいちゃんでも、生きて生きて生き倒して欲しかった!!

教科書に載らなくても、
ソクラテスなら、余生でもっと多くの人に何かを残せたはず!!」

ピュアホワイトなりりぽんは感情的に。

でも、ソクラテスのこの言葉を知って180度考え方が変わりました。

《死ぬことと、自分の信念とどちらが大事か!》

気が合いますね、ソクラテス先輩。

出典:NMB48オフィシャルブログ

須藤凛々花さんが本当に哲学を愛してるんだなと思うのは、こんなふうに哲学者の思想に「素で共感して、自分の糧にする」ことができているからなんですよね。ただ「頭で理解する」だけじゃなくってね。本当に、生来の哲学者なのかもしれません。

オフィシャルブログの「今日の格言」が励まされる!

これはおまけなのですが、須藤凛々花さんのオフィシャルブログには、各記事の最後に「〜今日の格言〜」というのがあります。その記事に合った内容の格言を書いてらっしゃるんですけど、これが結構いい言葉が多いので、紹介させてもらいますね。

須藤凛々花さんがどんな言葉に共感しているかの参考にもなればと!

人生とは後悔する為に過ごすものである。
byタモリ先輩

愛することによって失うものは何もない。 しかし、愛することを怖がっていたら、何も得られない。
byBdアンジェリス先輩

わたしは自己を温存しようとしない人が好きだ
byニーチェ先輩

目指す港がないような航海をしていたら、どんな風が吹いても助けにならない。
byモンテーニュ先輩

逃げたものはもう一度戦える。
byデモステネス先輩

人生最高の幸福は富でも名誉でもありません。自分のしたいことを見つけ、取り組むことです。人はそれを「生きがい」と呼んでいます。
byジョセフ・マーフィー先輩

いや、人生は気合いだね。
by二葉亭四迷先輩

崖っぷちありがとう!!最高だ!!
by松岡修造先輩

出典:NMB48オフィシャルブログ

須藤凛々花さんの愛読書はニーチェの『悲劇の誕生』ということですが、確かにニーチェの「わたしは自己を温存しようとしない人が好きだ」なんて、めちゃかっこいいですね!

というわけで、須藤凛々花さんのオフィシャルブログはこちらです。哲学ネタも多いし、文章もうまいし、読み応えがあります!今幻冬舎で企画されているという哲学書の出版も、楽しみすぎですね!!

りりぽんは高学歴で苦労人だった!

偏差値67の知性派アイドル!?

りりぽん自撮り

出典:ks.c.yimg.jp

 

そんな哲学好きの須藤凛々花さんですが、やっぱりというべきか、かなりの秀才なのです!

  • 出身高校は東京都立町田高校(偏差値60を超える難関校。)
  • さらにその町田高校でもトップクラスの成績だったらしい。学年1位をとったときも。
  • 偏差値は67。
  • 高校時代に目指していた大学は横浜国立大学(学部にもよるが偏差値65程度)

アイドルをしつつの成績としては、かなりのものですよね。すごい!

更に、特技は百人一首、趣味は茶道らしいです。また頭と品性が必要とされるような特技と趣味ですよね!

それでも、その頭脳明晰ぶりが嫌味にならないのが、彼女の人徳(というかテク??)なのでしょうね!

実は苦労もしていた

そんなまるで完ぺきな須藤凛々花さんですが、実は次のような苦労もしていました。

  • 子どもの頃は、弟の保育園の送り迎えをし、家事もこなしていた。
  • ダンスがあまりうまくなかったので必死に練習していたら、「網膜剥離」になってしまい、アイドル活動休止になった時期があった。
  • ニコニコ動画のある企画で「ドリアンサイダー」というおぞましい名前の飲み物を飲むことになり、いざ飲んだはいいもののあまりのまずさに皆の前で吐いてしまったことがある。
  • 「リハーサル中はいつも血まみれで、この間も舞台から落ちて股が裂けちゃった」というような発言も。(8月4日放送の「踊る!さんま御殿!!」より。)

こ、これは、確かに血や汗にまみれて努力しているのが伝わってきます。本当に応援したくなりますね!!

 

須藤凛々花さんは、2013年にNMB48に1位で指名されて以来、あまり一般には話題になることがなかったようです。

でも新曲「ドリアン少年」で単独センターでMステにも出演したり、哲学書の処女作の出版が企画されていたりと、ここにきて急に注目度も人気もアップしてきているかんじですよね。今後の活躍に期待です!!

それでは、今回の記事でも長々とお付き合いいただき、ありがとうございました!

 

Sponsored Link

ではでは、今回もお付き合いいただき、ありがとうございました♪

今日も皆さまに何かいいことがありますように (^^)


コメントを残す

このページの先頭へ