1歳児の保育園入園準備でお昼寝布団や水筒を選ぶときの注意点は?

この記事は約5分で読めます。

Sponsored Link

こんにちは!カポです (^^)

さて、そろそろ来年4月からの保育所入園が気になる時期になってきましたね。

私も息子は3歳になりますが、1歳から保育園にいっていました。なんだか、2月3月はそわそわしていたのを思い出します (^^)

 

というわけで、今回の記事では、1歳児の保育園入園準備に関するあれこれとお昼寝ふとんや水筒を選ぶときの注意点について、独断と偏見ではありますが、一つの考えとして少しでもご参考になるかと思いますのでつらつらと書いてみました。

 

1歳児の保育園入園準備は?

準備物の例

1歳児入園準備

さて、1歳児の保育園の入園準備ですが、こちらは基本的には入る保育園が持ち物を全て指示してくれるので、それに従えばOKですね。

ただ、多くの場合、保育園が決まるのは3月に入ってからで、遅ければ3月中旬ということもありますよね!…本当にこればっかりはもうちょっと早くにできないのかと思いますが (^^;

で、保育園で必要になるものは園によって結構違ってくるので、本格的な準備を始めるのは入園する保育園がどこかが決まってからにした方が無駄買いする心配もなく安心です。

ただ、布団だけは、人気の商品は3月だと売り切れになっていることも多いので、「自分が希望する保育園のうち、どこに決まっても布団が必要!」という場合は、早めに購入するのがおすすめです♪

保育園によっては、レンタルできたりところもありますけどね (^^)

 

ちなみに、うちの保育園では、春に必要な持ち物は次のような感じでした。

  • 紙おむつ4枚
  • 長袖シャツ3枚
  • ズボン3枚
  • 帽子1つ(ヒモをつける)
  • タオル3枚
  • おしり拭き
  • スーパーにあるような小さいビニール袋1箱
  • ゴム手袋1箱
  • スーパーの袋たくさん
  • 水筒
  • お弁当箱
  • お布団

着替えとして置いておく服は長袖シャツだけで、割と薄着でしたね。園によっては、更に肌着も加えてもっと必要なところもあるみたいです。

うちのところでは、4月でも、外に行くときは家から着てきたジャケット+長袖シャツという薄めの装いでした (^^)

こちゃこちゃと準備物はたくさんありますが、特に手作りしないといけないものはなかったです。不器用母としてはありがたかったです (^^;

 

また、私の友達のお子さんが行っている園などでは、ごはんを食べるときのエプロンやお手拭きも必要だったみたいです。

うちの園ではエプロンは不要だったのですが、そのぶん服にご飯がいっぱいついて返ってくることが多かったです(笑

 

水筒も迷う?

Sponsored Link

 

ただ、うちの保育園の場合は、要注意だったのが水筒探し

というのも、最近の水筒ってこういうのが結構多いんですよね。

水筒

出典:Amazon

「すぐに飲み口があって、簡単に飲めて便利!」というコンセプトなのだと思うのですが、保育園の方からは「これはNG!」という指示が出まして…

というのも、このような形の水筒だと、子どもが蓋のコップを開けた時に、ちょっと傾けたりするとそのまま「びちゃあぁ!(あああ!!)」と飲み物がこぼれてしまいやすいんです。

1歳児をお持ちのお母さんだったら、その様子は手に取るように想像できるのではないかと思います…まだまだぶきっちょですからね(笑

また、蓋のコップの締まりがちょっとでも緩んだりしたら、すぐに漏れてきます。カバンの中に入れているようなときだと、これは悲劇になります。。。

 

そこで保育園から指定されたのがこのような形の水筒です。昔ながらのネジ型(というのでしょうか)の中ぶた付きの水筒です。

キティ―水筒

出典:Amazon

このような昔ながらの水筒には利点があって、子どもが間違って蓋のコップを開けてもこぼれないんです。中ぶたがあるので当たり前ですが(笑

 

とはいえ、どちらの水筒がよいかはもちろん保育園によると思いますし、上の新型の方を逆に指定される場合もあるかもしれませんが、何かのご参考までに (^^)

最近は、「2 WAY」ということで、上部のコップ部分がこれら2つから選べるようになっている水筒も多いので、そういうのを選んでおくと一番間違いがなさそうですね♪

また、水筒をしょってお散歩に行くこともあるかと思いますので、できるだけ軽いものを選んであげると更によいですよね!

 

布団はどんなものがいい?

また、準備物の中でも一二を争う出費の「お昼寝布団」。どのようなものがいいか迷いますよね。

2年間保育園に通って、「お昼寝布団」…のうち特に敷布団はこういうのがいいな〜と思ったのがこちらです。(掛け布団は、季節によって綿毛布になったりタオルケットになったりするのでそれほどこだわらなくてもいいですが、敷布団は通年で使うので重要です。)

  • コンパクトだけどそれなりに厚いもの 
  • 洗えるもの

まず、布団はそのうち必ずヘタってきます。

今の保育園でも見るのですが、コンパクトなんだけどすごく薄くて、たぶん寝るときには床についてるかんじがするんじゃないかな…というくらいに薄い布団はちょっと避けた方がいいのかなと。特に安物に多いです。

私自身はそれほど過保護だとは思いませんが、やはり子どもが寝るときはある程度クッションのある布団で寝せてあげたいなぁと。

特に、保育園では母も父もいないし、お布団くらい柔らかい方が…と。

また、あまりに薄いと、冬は床から冷えが来るので寒いです。うちの保育園では、薄い敷布団の子には、敷ふとんカバーの上にバスタオルを敷いてあげていましたが、それでもちょっと心もとない感じですね。

 

さらに、子どもがまだ小さいうちは、おしっこやうんちや嘔吐物などがお布団につく可能性はかなり高いです。自分のだけではなく他のお子さんのもつく可能性があります。

しかも、ノロやロタなどが流行ったりすると、これは普通に感染の危険が高まるので洗えないとなると困ります。

仮におねしょシーツをつけていたとしても、お布団の側面は無防備です。何気に側面も汚れやすいので、油断できません。

ですので、「洗えるもの」というのはとても大事ですね♪

 

この2点からいうと、お手頃なところだとだいたいこんなかんじのものになるでしょうか。

とにかく敷布団だけは、いいものを選んであげたいですね!

 

というわけで、以上が1歳児の入園準備にまつわるいろいろでした♪

それにしても、この時期は何かと不安と緊張が交錯しますよね。私も、4月は親子ともどもかなり大変でしたが、5月になったらぐっと楽になりました。

保育園デビュー、陰ながら応援しております o(^^)o

 

Sponsored Link

ではでは、今回もお付き合いいただき、ありがとうございました♪

今日も皆さまに何かいいことがありますように (^^)


コメントを残す

このページの先頭へ