佐久本宝の経歴・出身地や動画は?広瀬すずと映画「怒り」で共演!

この記事は約6分で読めます。

Sponsored Link

さてさて皆さま、「悪人」や「フラガール」で有名な李相日監督をご存知ですか?

個人的には「フラガール」がものすごく面白かったんですよね。

私は北関東出身で、映画の舞台となった福島のスパリゾート・ハワイアンズ(かつてはハワイアンセンターという名前でしたが…)には子どもの頃よく遊びに行っていたので、余計に感情移入して観てしまいました (^^)

 

で、その李相日監督がものすごい豪華キャストでおくる2016年公開の新しい映画が「怒り」です。

原作の吉田周一さん(「悪人」でもタッグを組んでいらっしゃいました)が、「オーシャンズ11のようなオールスターキャストで撮って欲しい」というリクエストをしたらしく、それで実現した超豪華キャストらしいですね。

キャストの詳細については、詳しくはこちらの2016年の松山ケンイチさんの出演作についての記事の後半にまとめてありますので、ご参照下さい。

で、その超有名キャスト陣の中で、唯一聞いたことのない名前なのが佐久本宝さんです。

それもそのはずで、佐久本さんは今回李相日監督が「怒り」を撮るにあたって1,200人のオーディションを勝ち抜いて選ばれた新人ということ!

今回の記事では、いきなりこの豪華キャストの中でスクリーンデビューする佐久本宝さんの経歴や出身地などについてまとめてみようと思います♪

まだWikipediaのページなどもなく、情報は限られていますが、また分かり次第追加していきたいなと (^^)

 

(※2017年1月17日追記:佐久本宝さんは日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞されましたね!この記事を昨年に書いた時点ではほとんど情報がなかった状態でしたのに(・・・なんて私が言うのもおこがましいですが)、沖縄からの快挙ですね!!おめでとうございます。

沖縄って、琉神マブヤーなんかもおもしろいし(低予算を逆手にとったようなセンスが好き)、ミュージシャンもたくさんいはるし、文化的な生産力が豊かだなあ・・・といつも思わされます。)

 

佐久本宝さんが映画「怒り」に大抜擢!

佐久本宝

佐久本宝さんは、前述のとおり、1,200人のオーディションの中から選ばれた新人の俳優さんです。とっても爽やかな若さあふれる方ですね♪

この「怒り」という映画には、本当にみんな主役級の俳優さん女優さんが出演されるので(渡辺謙さんや松山ケンイチさん、宮崎あおいさん、妻夫木聡さん、森山未來さんなど…)、今回のオーディションでは、その中でも見劣りしない演技ができると見込まれての抜擢だったのではないかと思います。

佐久本宝さんは「知念辰哉役」を演じますが、この相手となるのが同級生の「小宮山泉役」を演じる広瀬すずさんです。

デビューしていきなり広瀬すずさんと共演で、初めて会ったときには「あまりに可愛すぎて離せない(出典:サンスポ)」と漏らしていたそうです(笑

なお、今回の出演に際しては、佐久本宝さんは次のようにコメントしています。

今回オーディションで選ばれ、このような環境で演技をするのは初めてで、今はとても緊張しています。原作の中でも大切な役割を持っている人物なので、この役をしっかり受け止め、監督やスタッフの方々と辰哉という役を作っていきたいと思います。初めての環境で慣れない事も多い中、サポートして下さる周りの方々に感謝の気持ちを持ちつつ、演じる事に集中していきたいです。

出典:Cinemacafe

うん、そりゃもちろん緊張しますよ!!

コメントは驕らず卑下せず、好青年ぶりがとってもよく伝わってきますね (^^)

(ちなみに、「知念辰哉役」ということで、「知念」といえば、Hey!Say!JUMP の知念侑李くんの可愛すぎる女装画像などをこちらの記事にまとめてみましたので、ぜひご覧ください(笑)。他にも山田涼介くんや伊野尾慧くんなど、他のHey!Say!JUMP のメンバーの画像も合わせてまとめました。)

 

佐久本宝さんの経歴や出身地は?

Sponsored Link

 

そんな佐久本宝さんの経歴はまだあまり情報がありません。

今のところネットにある情報をまとめますと、以下の様なかんじです。

佐久本宝

出典:サンスポ

  • 名前:佐久本宝(本名)
  • 出身地:沖縄県うるま市(?)
  • 役者デビュー:2013年(うるま市の中高生による「現代版組踊・肝高の阿麻和利」にて)
  • 年齢:18歳
  • 高校:うるま市の高校

佐久本宝さんは、沖縄県うるま市の中高生による「現代版組踊・肝高の阿麻和利」にて、2013年に主役の阿麻和利を演じてらっしゃたようです (^^) 

で、なんとそのときが初めての役者経験だったそうなんですよ!(参考:あまわり浪漫の会☆ブログ

…ということは、2013年に初めて役者として舞台に立って、たったその2年後の2015年には「怒り」のロケ開始…ってすごいです!!!

天性の演技の才能があるのかなぁと思ってしまいますね (^^)

なお、お名前についてですが、その阿麻和利の舞台に素人として出演されていた時の名前も「佐久本宝」と出ていましたので、そのまま本名なのだと思います。

★追記:2017年1月17日
当ブログ読者様から以下の情報をいただきましたので、追加させていただきます!

佐久本宝さんは現在、沖縄県うるま市にある高校3年生です。現代版組踊・肝高の阿麻和利に現在も所属しており、来る3月に実施される卒業公演にも出演いたします。

追記は以上です。読者様、ありがとうございました!

 

ちなみに、「現代版組踊・肝高の阿麻和利」とは、以下の様なうるま市の地元の中高生が演じる自主的な催しとのことです。

沖縄に古くから伝わる伝統芸能「組踊」をベースに、現代音楽とダンスを取り入れて、勝連城10代目城主「阿麻和利」の半生を描く、いわば「沖縄版ミュージカル」。 1999年に、当時の勝連町教育委員会が、子ども達の感動体験と居場所づくり、ふるさと再発見・子どもと大人が参画する地域おこしを目的に企画したものです。

出典:現代版組踊・肝高の阿麻和利 公式ホームページ

「沖縄版ミュージカル」って、ものすごく観てみたくなりますね!!

この公演はかなり本格的に行われているようで、2008年には初の海外公演である「ハワイ公演」、2009年には「倉敷・東京・盛岡・福岡公演」まで実現させたそうですよ。

2000年3月初演以来、公演回数はなんと208回。観客動員数は延べ13万人になるそうです。

地域ベースの催しとしては、これは本当にすごいです!

毎年3月に卒業公演が行われていて、佐久本宝さんも2013年の卒業公演でこの主役の阿麻和利を演じたそうです。

ちなみに、この卒業公演は今年も3月上旬にあるみたいですよ♪

このような実績も素晴らしいのですが、この「現代版組踊・肝高の阿麻和利」が素晴らしいなと思うのは、そのストーリーがまさに地元密着だからです!ストーリーの舞台もうるま市(正確には市町村合併前の勝連町)で、その王阿麻和利の歴史がミュージカルで表現されているんです。

…一方、私が生まれた茨城の某市では、そのような「ストーリー」はほぼすべて東京発のドラマやら映画やらばかりで、自分たちの地元で内発的に生まれ出るストーリーに基づく演劇なんてなかったし、地元の子どもたちがそれを演じるなんて夢のまた夢というかんじでした。せいぜい地元の盆踊りソングがあったくらいです(笑

 

ともあれ、というわけで、佐久本宝さんはミュージカルの経験があるのですね。この「現代版組踊・肝高の阿麻和利」は、500人程度が収容できるうるま市の「きむたかホール」で行われたようですので、大勢の前での演技の経験はしっかりと積んでらっしゃるのでしょうね (^^)

ホールではないですが、こちらの動画で実際に佐久本宝さんが阿麻和利を演じている様子が観られます♪「王」にふさわしい堂々たる立ち居振る舞い、目を引き付けるのに十分な華をもってらっしゃるのが伝わってきますね!すっごくかっこいいです!!

こんな演技を地元の高校生がしていたらめちゃくちゃ感動しますよね!!!

 

というわけで、以上が佐久本宝さんの経歴や出身地などなどのまとめでした♪

今後の活躍を陰ながら応援しております!!映画の公開が待ち遠しいです (^^)

 

ちなみに、全然関係ないのですが、私の故郷茨城県の自虐動画2015をこちらの記事でご紹介していますので、ぜひご覧ください!どうもね、「現代版組踊・肝高の阿麻和利」に比べると、その自虐っぷりが際立ってしまいますが…あーあ(笑

でもでも、そんな茨城ではありますが、茨城県産の干し芋は本〜当に美味しいので、心から自信を持ってオススメいたします!!(笑

Sponsored Link

ではでは、今回もお付き合いいただき、ありがとうございました♪

今日も皆さまに何かいいことがありますように (^^)


2 Responses to “佐久本宝の経歴・出身地や動画は?広瀬すずと映画「怒り」で共演!”

  1. のーり より:

    初めまして。
    沖縄県出身の者です❗
    沖縄から日本アカデミー賞選出されるってとてもすごいと思いました。また、記事にしていただきありがたいです。
    訂正をお願いしたいのですが、佐久本宝さんは現在、沖縄県うるま市にある高校3年生です。現代版組踊・肝高の阿麻和利に現在も所属しており、来る3月に実施される卒業公演にも出演いたします。

    外からすみません。訂正できるならお願いしたいです。

    • カポ より:

      のーりさん、コメントと訂正情報をいただき、ありがとうございます!
      大変失礼いたしました。
      情報を追加させていただきました!

コメントを残す

このページの先頭へ