スーパーラグビーの参加国と場所・期間は?日本チームはいつどこで?

この記事は約7分で読めます。

Sponsored Link

五郎丸歩選手がスーパーラグビーのオーストラリアのスーパーラグビーのチーム「レッズ」に加入することが発表されましたね。

…で、そのニュースを聞いたとき、にわかラグビーファンとしては、「スーパーラグビーとは??」というところから始まるわけですよ、恥ずかしいことに (^^;

というわけで今回の記事では、ひよっこラグビーファンの方のために(私含む)、スーパーラグビーが開催される場所や期間、試合の仕組み、参加国(チーム)をまとめてみました!また、気になる日本チーム(サンウルブズ)の試合の開催場所と日程についても調べましたよ♪

スーパーラグビーとは?

開催期間は?

スーパーラグビー

このスーパーラグビーなのですが、SANZARと呼ばれるラグビーユニオン世界3強の南アフリカ(SA)、ニュージーランド(NZ)、オーストラリア(ARが運営する国際リーグ戦のことです。

で、この「スーパーラグビー」は期間限定なんですね。そりゃそうだ、というか、それぞれの国でも国内リーグがありますので、1年中国際リーグ戦をやってるわけにはいかないですよね。

というわけで、毎年2月から7月までの21週間だけの期間限定で、毎週5~7試合が開催されて、計120試合が行われます。

2016年は2月26日(金)から7月16日(土)にリーグ戦が行われ、その後7月22日(金)から8月6日(土)までプレーオフトーナメントと優勝決定戦が行われます。

ちなみに、日本の国内リーグであるジャパンラグビートップリーグは、2015年11月13日から2016年1月24日までが試合の開催予定期間になっています。この国内リーグが終わった翌月からスーパーラグビーが始まる、というかんじですね。

 

参加国は?

Sponsored Link

 

もともとスーパーラグビーでは、世界最高峰の南アフリカとニュージーランドとオーストラリアの合計15チームで国際リーグ戦をやっていました。チームの途中加入などもあって常に15チームだったわけではありませんが。

で、この2016年から、南アフリカのキングス日本のサンウルブズアルゼンチンのチーム(名称未定。現地では「ロス・ジャガーズ」と呼ばれたりもしているという情報もありますが、不確定です)が新規参加します。

もともと、このスーパーラグビーは、SANZARのウェブサイトのキャッチコピーが

「SANZAR: THE HOME OF RUGBY IN THE SOUTHERN HEMISPHERE(サンザー:南半球のラグビーのホーム)」

となっていることからも分かる通り、南半球に位置する3カ国の国際リーグ戦だったわけですね。最初期には、フィジーなどのメラネシア諸国のチームが参加していたときもありました。

そう考えると、アルゼンチンも南半球ですし、北半球で仲間入りしたのは日本だけですね。ということはつまり、日本だけが季節が反対ということです!(笑

…ともあれ、今回日本がスーパーラグビーに参入した理由として、ラグビー日本代表ゼネラルマネージャーの岩渕健輔さんによると、以下のような説明がされていました。

  • 19年のW杯日本開催に向けて、開催国としては戦力をあげていかないと盛り上がらない。
  • そのために、たくさんの強豪と切磋琢磨できる国際試合の機会を設けて、選手のレベルの底上げをはかる必要がある。

というわけで、早速次の2016年2月から、スーパーラグビーでの日本の修行が始まりますね!

 

開催場所はどこ?

次に気になるのは、じゃあどこで開催されるの?ということですよね。

結論から言うと、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、日本、シンガポールの各国で行われます。

そのうち、日本の「サンウルブズ」が試合を行う場所は、オーストラリア、南アフリカ、日本、シンガポールです。特に、日本と南アフリカでの試合が多いですね。

ちなみに、五郎丸歩選手が加入するオーストラリアのレッズとは、ブリズベン(オーストラリア)で5月21日(土)に試合が行われますね!

五郎丸歩選手がなぜレッズを選んでサンウルブズを選ばなかったのかということについては、こちらの記事でリサーチ&考察してみましたので、ぜひご覧ください♪

 

試合の仕組みは?

試合の仕組みについては、まずこちらの表をご覧ください。チームは全部で18チームありますが、国ごとに4つの「カンファレンス」と呼ばれるグループにわかれています。

スーパーラグビー

出典:JRFU

で、まずは次のようにリーグ戦を行っていきます。

各国ごとをカンファレンスとし、各カンファレンスではホーム&アウェーで各チームが8試合、異なるカンファレンスとは、4試合ずつ(異なるカンファレンスでは1チームずつ対戦しない相手がいる)の計8試合、で合計16試合を行う。

出典:Wikipedia

更に、ホームでの試合は8試合と決められているので、それ以外はすべてアウェーになります。ですので、試合をするために結構世界中を飛び回らないといけません。それも南半球中心に!遠い!

リーグ戦が終わったら、次のようにトーナメントで優勝を決めていきます。

各カンファレンスの勝ち点(ポイント)とボーナスポイントを合わせた総勝ち点数1位と残り12チームのうちの総勝ち点上位3チームでプレーオフトーナメントを行う。総勝ち点数の1位と2位がシードとなり、3位から6位のチームが準決勝進出決定プレーオフを行う。3位決定戦は行われない。

出典:Wikipedia

ここで、気になる日本チーム(サンウルブズ)ですが、ご覧になると分かるとおり、「アフリカカンファレンス1」に所属しています。他の3チームはすべて南アフリカのチームです。

日本チームが南アフリカでの試合が多い理由はまさにこれですね!アウェーでの試合はほとんどが南アフリカです。詳しくは後述しますが、これがまた遠いし時間がかかるんですよ、行くのに。

ともあれ、ワールドカップでは南アフリカ代表に歴史的な勝利をおさめましたし、メンバーは違えど今回も頑張って欲しいですね!!

 

日本チーム「サンウルブズ」の試合は?

日本チームの日程と場所は?

具体的には、日本代表の日程はこちらです。

スーパーラグビー全試合日程

出典:JRFU

この中で、日本とシンガポールでの開催日は、スタジアム名を見たらすぐ分かりますが、それ以外は南アフリカなのかオーストラリアなのかわかりにくいですね。

えーと、調べたところ、オーストラリアで開催されるのは5月21日(土)のレッズ戦(ブリズベンのサンコープ・スタジアム)と5月28日(土)のブランビーズ戦(キャンベラのGIOスタジアム/キャンベラ・スタジアム)だけのようです。

それ以外はすべて南アフリカですね!

時差を考えると、オーストラリアやシンガポールの方が楽なだけになかなか大変です。南アフリカとの時差は―7時間あるので、こっちが朝のとき向こうは夜、こっちが夕方のとき向こうは朝というかんじで、調整がきつそうですが、頑張って欲しいです!

 

シンガポールで試合をする理由

ちなみに、シンガポールはスーパーラグビーに参加しないのに、なぜここでシンガポールが開催地に含まれているのでしょう?

というのは、もともとスーパーラグビーの新規加入をめぐって、最後の一枠を日本とシンガポールで争っていたという経緯もあり、シンガポールにはラグビーの設備が整っているということがまずあるのでしょう。

そして、何より南アフリカへのアクセスの問題がやっぱり大きいようで、シンガポールという交通至便な立地を選ぶことになったらしいです。

日本が今回、貴重なホームゲームのうちの3試合をもシンガポール開催とするのは、地理的不利という要素を覆すための交渉材料として欠かせなかったもの。代表強化を最優先とする意思の表れでもある。入場料収入の取り分の割合など詳細は明らかにされなかったが、諸経費の負担をシンガポール側が負担することを考えれば「納得できる範囲」(矢部専務理事)のようだ。

出典:RUGBY REPUBLIC

というわけで、ホーム試合の8試合のうち3試合もシンガポールで行うのですね!確かに、もう一度試合日程表を見て数えてみると、秩父宮ラグビー場での試合は5試合だけです。

集客効果のデメリットを差し引いてもシンガポールで開催することを選んだというのは、できるだけいいコンディションで選手たちのレベルアップをはかれるようにするためということですね。

シンガポールだと、南アフリカとの時差は―6時間で日本との時差よりも1時間小さくなりますし、何より南アフリカが近くなります

というのも、日本と南アフリカの間には現在直行便はないため、南アフリカにいくとなると、東南アジアや中東、ヨーロッパを経由していくことになるんですよ。

例えば、シンガポールを経由する場合は、次のようになります。

● 成田 ~ シンガポール  南アフリカ

所要時間:約7時間15分 + 約10時間50分

航空会社:シンガポールエアライン

出典:Travel Latte(色は筆者)

日本から行くとなると、飛行時間だけでも18時間強!1日は24時間なので、4分の3日もかかるんですね!それに空港までの移動時間や乗継の待ち時間などなどを含めたらえらいことですよ。

でもシンガポールから南アフリカに行くのだったら、成田からシンガポールにいくための約7時間15分をうかすことができるわけです。

これはかなり大きいですよね!

 

というわけで、以上がスーパーラグビーの参加国と開催場所、日程などについてのまとめでした (^^) できるだけ分かりやすく書くように努めましたが、なにせ力不足でわかりにくい点や訂正すべき点などがありましたら、ご遠慮なくコメント欄にコメントを残してくださいね♪

この試合の応援旅行をするだけでも、かなり楽しい南半球の旅ができそうです。日本チーム、応援しています!!

ちなみに、五郎丸歩選手が加入するレッズの拠点ブリズベンについて、その場所や特色、治安をこちらの記事にまとめましたのでぜひご覧ください!

 

Sponsored Link

ではでは、今回もお付き合いいただき、ありがとうございました♪

今日も皆さまに何かいいことがありますように (^^)


コメントを残す

このページの先頭へ