高畑充希が昭和顔で性格がオヤジキラーな理由とエピソードは?とと姉ちゃんで主演

この記事は約3分で読めます。

Sponsored Link

2017年春からのNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」への出演が決まった高畑充希さん。

そんな彼女の性格が実は「オヤジキラー!?」だと話題になっています。今回の記事では、その理由やエピソードを紹介しますね!

高畑充希が「オヤジキラー」な理由は何?

オヤジにうける性格!

Sponsored Link

 

高畑充希さんは、ご自身が「おやじ」っぽいだけにとどまらず、更に「オヤジキラー」にもなりうる片鱗をインタビューでみせていたと話題になっていましたよね。

実際、とっても「おやじうけ」しそうな性格なのがそのインタビューからみてとれます。

その理由が、50代の「おじさん」記者とのこのやりとり。

記者:私のようなおじさんは朝ドラを見ない。おじさんを振り向かせるためにはどんなことが必要と思いますか?

高畑:家族内で話題になるような面白い作品にして、娘が“お父さん、見た方がいいよ”と言ってくれたら。どうして朝ドラ、見ないんですか?

記者:(しどろもどろに)放送と通勤の時間帯がかぶるので。

高畑:NHK―BSではちょっと早めに放送してるし、昼と夜にも再放送してるんですよ。それも難しいなら録画でもいいから見てください。それでも見ないなんて言わせないですよ~(いたずらっぽく笑う)。

記者:(嬉しそうに照れ笑い)

参考:Yahoo ニュース

ここで高畑充希さんのポイントが高いのは、次のようなことですよね。

  • 【しっかりさん】聞かれた質問にはしっかり的確に回答。
  • 【積極的】自分からも質問を投げかけたりして会話を積極的にすすめてくれる。
  • 【甘え上手】ねちっこく媚びを売るのではないのに、爽やかに知的に「テレビ見てね!」と誘える。
  • 【笑顔!】しっかりしてるだけじゃなくて、最後にはちゃんとかわいく笑顔!しかも高畑充希さんの場合は、母性も感じさせる笑顔なんですよね。

こういう振る舞いができると、日常生活でも年上の男性にもてやすいですよね!気になる年上の男性がいる方は、参考にしてみるといいかもしれません。

更に、高畑充希さんは自分でも自分のことを「おやじっぽい」というほどなので、本物の「おやじ」とも共感するところがあるのかもしれないなぁと。

例えば、インタビューでも「好きな食べ物はお刺身と日本酒」と話してらっしゃいましたが、そんなことを言われたら「おやじ」としては飲みに連れてってあげるしかないですよね!

顔も昭和風でオヤジにうける!?

いや、これは完全にいい意味で、ですよ。古臭いとかそういうことではないです。

(ちなみに、高畑充希さんの美脚や美しいデコルテなどのかわいい画像はこちらの記事にまとめてみましたので、ぜひご覧ください!

ここで「昭和風」というので言いたいのは、

  • いい意味でおぼこいかんじ。
  • 飾らない生命力。
  • 媚びないんだけど、かわいい。
  • 意志の強そうな瞳と不景気を感じさせない表情。
  • 戦後の混乱の中をも生き抜いていけそうな力強い雰囲気。

というようなかんじです。例えて言うなら、山本富士子や原節子に近い雰囲気を感じるんですよね。

ちなみに、若かりし時の山本富士子はこちら。

原節子はこんなかんじ。

お二人とも美人ですよね!小津安二郎の映画などで、今でもその美しい姿と立ち居振る舞いをみることができます。個人的には「東京物語」など、かなりおすすめですよ!

ともあれ、高畑充希さんも含め、みんなスマホなんかは使ってなさそうな素朴な雰囲気を持ちつつも、女としては完成された色気がある、というようなところが絶対「おやじ」にうけると思うのです。

しかも、「おやじ」世代が若いころは、そのような女優さんが全盛期で映画などに出演されていた時代ですし、ノスタルジーも相まって、きっととっても愛着を感じさせるんだろうなぁと想像しています。

「おやじ」にもてる外見と、「おやじ」にもてる内面を兼ね備えた高畑充希さん。なんだかもう最強ですね。

 

というわけで、以上が高畑充希さんが「オヤジキラー!?」な理由とエピソードのまとめでした♪

朝ドラがはじまるまでまだしばらく時間がありますが、激動の昭和を生き抜く「オヤジ女子」高畑充希さんの姿をテレビで見るのがとっても楽しみですね。

ちなみに、この秋から始まる朝ドラ「あさが来た」に主演される波瑠さんが朝ドラに抜擢された理由はこちらの記事にまとめてみましたので、ぜひご覧ください!

 

Sponsored Link

ではでは、今回もお付き合いいただき、ありがとうございました♪

今日も皆さまに何かいいことがありますように (^^)


コメントを残す

このページの先頭へ